矯正歯科の選び方

医師

歯並びの矯正は、見た目を改善する目的で行う人が大多数だと思います。
しかし、歯並びの矯正は、実は見た目の改善だけにはとどまらない、非常に重要な治療なのです。
歯並びが悪いということは噛み合わせが悪いということでもありますから、咀嚼機能が不十分だということになります。
ですから、満足に噛み砕かれていない状態で食べ物は飲み込まれてしまうのです。
満足に噛み砕かれていない食べ物は、食道を傷つける恐れがあります。
そして、胃は必要以上に消化液を分泌しなければならないこととなりますし、腸にも悪影響を及ぼすことになるでしょう。
つまり、いくら健康に気をつけていても、歯並びが良いか悪いか次第で健康を保てるのか、それとも損ねてしまうのかが決まってしまう可能性があるのです。

歯に関しても、決して良いことはないのです。
歯並びが悪いと、食べ物のカスが詰まりやすくなります。
しかも、綺麗な歯並びに比べて歯磨きの際、歯ブラシが届かない場所が存在している傾向にあります。
ですから、虫歯等になってしまう確率が高くなってしまうのです。
また、発音と歯並びは関係していますから、歯並びが悪いと上手く発音できない言葉がある可能性が大いにあります。
見た目が悪いこともストレスになりますが、上手く発音できずに思ったとおりのコミュニケーションがとれないことも多大なストレスとなります。
このように、歯並びを矯正することは見た目の改善だけではなく、ある意味、見た目よりも重要なことを改善することになるのです。
ですから、歯並びの矯正は、とても重要な治療なのです。