子どもの歯の矯正

矯正器具

日本での歯科矯正治療をする患者数も増えてきていますが、保険適用外治療であり費用もかかるためか、まだまだ治療まで踏み切ることができない人も多いのが現状です。
しかし、欧米では歯科矯正は当たり前で、歯並びが悪いということは、自己管理ができていない人と見られてしまうようです。
ですから、もし子どもの歯並びに異常が見られたら、それは保護者の責任のもとで治療をすべきであるという考え方が主流のようです。
ですから、欧米では子どもたちが歯科矯正をしている映像や写真を見かけますし、アニメーションでも矯正器具をはめている子どもが、度々登場します。
海外では当たり前のことなのです。
日本でも、歯並びをよくしたいと思っている人は多いはずなのです。

歯科矯正は、大人になってからでもできますが、一番の理想は永久歯に生え換わる頃が治療を始めるのに最適な時期であります。
ですから、小学校の中学年から高学年にかけて、まず一度専門歯科医に相談することをおすすめします。
器具を装着すると、目立って嫌だという人のために、最近は透明で目立たないタイプの器具もあります。
ちょうど思春期のころに治療をする場合が多いので、特に中高生の女の子にとっては、治療をしていても気にならなくてすみます。
また、器具もカラーバージョンタイプもあり、自分の好きな色でカスタマイズすることができますから、これも若い女の子や小学生の間では人気があるようです。
今後は、もっと気軽に治療できるような環境作りが大切でしょう。